足の臭いをとる方法の僕らの実践記

足の臭いが革靴で蒸れてキツイ

今の仕事を始めてから足の臭いが気になり始めました。今までは体臭なんて気にしたことなかったのに。仕事中は革靴とソックスを履いた状態での立ち仕事で休憩もほとんどなく歩き回っているせいかなと思います。

 

靴を脱いだ瞬間、もわーっと何かが腐ったような何とも言えない匂いがします。更衣室ではいつも靴下と靴を履き替えますが、その時に近くに人がいるとすごく申し訳ない気持ちになってしまいます。

 

消臭スプレーをしても、クサイ足の臭いに少しだけ蓋をした感じで、あまり足の臭いには効果がありません。スプレーの甘い匂いの奥から足のクサイ臭いがして余計に匂います。

 

ある時、薬局で塗るタイプの消臭クリームを見つけたので足に塗ってみました。ミントのような、爽やかな香りがします。それを塗ってからはかなり足の匂いが軽減したように思います。

 

特に指の隙間まで丁寧に塗った時は、ほとんど足の臭いがせず、ミントの香りだけがします。それからこの仕事を辞め、私服で勤務し始めると足の臭いは気にならなくなりました。

 

やはり革靴で蒸れていたことが原因だと思いました。体質の問題ではないようなので安心しましたが、これからもし体臭が気になるようなら、クリームタイプのデオドラントを使おうと思いました。

 

足の臭いが改善された消臭靴下と革靴の対策

足の臭いが改善された消臭靴下と革靴の対策について紹介します。

 

足の臭いというのは靴を脱がなければ分からないものですが、強烈な匂いを放つ人もいます。私の主人がまさにそれです。

 

営業で一日中革靴を履いて歩きまっているので仕方ないとは思いますが、何とかならないものかと頭を悩ませていました。

 

そんな時にネットで消臭靴下というものを見つけました。私が見つけたのは1足1000円程度のものでしたので若干高い感じはしましたが、あの強烈な足の臭いがなくなるのならと購入する事に決めました。

 

とはいえ、本当に効果はあるのかと半信半疑でしたが、使ってみない事には分かりませんから、商品が届いてすぐに早速主人に履かせ、その日の帰宅後に足の臭いを嗅いでみました。すると、普段よりかなり足の臭いが和らいでいました。

 

全く臭わないという訳ではありませんが、以前のように離れていても臭うというような事はありませんでした。鼻を足に近づけてみたら臭うかなとういう程度になったのです。

 

これは優れものだと思い、靴下は消耗品ですから追加で10足購入しました。もちろん消臭靴下だけに頼らず、革靴の方のにも10円玉を入れたり炭を入れたりして消臭を心掛けていますので、今のところ主人の足の臭いは改善されたといっていいのではないかと思います。

足の臭いの対策をして軽減するために

足の臭いの対策をして軽減するために私がとった方法を紹介します。

 

私も何度か消臭靴下を謳う靴下を購入したことがありますが現実的に効果を感じません。もちろん最初のうちは効果があるのか足の臭いは抑えられていた様にも思います。しかし、何度か使うとあの嫌な足の臭いがまた復活といった感じです。

 

足の臭いの原因として、症状は軽いか重いかの差はありますが、水虫を患っていた時の足の臭いがとてつもなく臭かったように記憶しています。そこで、水虫にならないために自分なりの対策として効果ありと思うのは足が蒸れて来たと思ったら靴を脱いでしばらく足を乾かすことを行ってます。

 

私は車に乗り外に出てよく歩くので靴の中は蒸れ蒸れ状態でした。そこで、気づいた時にちょっと車を止めて足を乾かすことで足の環境を整えています。靴下をこまめに履き替えるのがいいと思いますが、何足も持って行くわけにはいかないので、こうするようになりましたね。

 

ちなみに、個人的には化繊の多い靴下より綿100パーセントの靴下の方が良いような気がするのですが。化繊はすぐ乾くメリットがあるとはいえ、これまでの私の経験からすると綿素材の靴下の方が靴を脱いだ後の臭いが少なかったような気がします。

 

また、これだけでは対策として不十分かと思い、帰宅したら脱いだ靴の中に除菌スプレーを吹きかけて靴を乾かします。3足の靴をローテーションして履いていくようにしています。毎日同じ靴を履くのは良くないですね。

 

雑菌が靴の中に繁殖して足の臭いの元になりそうで乾かしてから履くようにしています。

 

足の臭い 対策